ランチェスター戦略の理論を理解

ランチェスター戦略の理論を理解

この時、新旧参入する企業が相手として設定すべきなのは、ワンランク下の会社となります。既存の市場が成熟仕切っている場合、新規参入会社としてその市場シェアを伸ばしていくためには、競合他社のシェアを奪い取るしか方法はありません。

ランチェスター戦略の理論を理解することによって、すぐに実践することで結果を得ることは出来るのでしょうか。まずはランチェスター戦略を行う際のポイントについて知っておきましょう。

例えば全国でシェア1位でも、宮城県においてはシェア6位だった場合、宮城県内では「弱者」となります。その理由は、自社よりも無敵敵と全面対決をしたところで、体力に劣っている自社が断然不利になるからです。

また、会社の規模が厳ついという理由だけで「強者」とは限りません。このことから、シェアを奪い取る場合は、勝てる見込みがあるライバルを選定し、言い方は少々凶悪かもしれませんが、自分よりも脆弱もの狙うわけです。

同じ商品であったとしても、エリアやターゲットで強者と弱者が全く入れ替わります。重要なのは、会社単位で見るのではなく事業所毎に戦略を最適化させ、同じ会社の同じ商品であっても、エリアによって販売戦略を変える必要があるのです。