2つの基本法則から成るランチェスター戦略

2つの基本法則から成るランチェスター戦略

「一騎打ちの法則」というのは、「競争する2者間では、武器の性能が全く同じだった場合、兵力が巨大方がどうしても勝つ」というものです。これはつまり、兵数が全く同じであると仮定した場合におきまして、個々の兵力が相手よりも勝っている場合、より軍事力が沖雲という意味であり、第一の法則は弱者の戦略と呼ばれることもあります。

市場で支配力を握っている大企業などの強者というのは、中小企業に追従されることの皆無ように、幅広い領域におきまして総力戦を仕掛けてきます。「集中効果の法則」、いわゆる確率戦闘の法則というのは、「持っている武器の性能が全く同じの集団同士での戦いでは、被害は戦力における2乗比の差になる」となります。

ランチェスターの法則におきましては、2つの基本法則が存在しています。近代における戦争やビジネスの現場を想定してみますと、一騎打ちは行われていなくお互いに離れたところから攻撃を仕掛け、敵側の複数の相手を一気に攻撃します。

ひとつは「一騎打ちの法則」、そして夙にひとつは「集中効果の法則」と呼ばれています。